ためになる話〜24時間をより効率に使う〜

こんにちは!
凌大です。

 

1日は24時間。
みな、これは誰でも同じだとなぜか固く信じています。

確かにそれはそうなのですが、
考え方や暮らし方ひとつで、
1日に使える時間は相当に増やせると気づくべきです。

 

はっきり言えば、ここで最初の勝負が決まります。
阿部凌大がビジネスを始めた当初は、睡眠時間を3時間半減らし、
毎日4時間半にしました。

 

食事や入浴などの時間は削れないという思い込みは捨て、
なんでも最短時間で済ませようとし、
3回の食事、入浴で1時間半以上は減らしていたと思います。

 

テレビ、スマホは見ません。
合コンや飲み会に行くこともなかったから、
こうしたことだけでも合算すると
1日あたり1時間半は減らせていたと思います。

 

こうして浮いた時間と睡眠時間短縮でできた時間を合わせると、
なんと1日6時間、びっくりするくらいの時間が生み出せるのです。

1ヶ月では180時間、
1年間では2190時間。
これは91日、つまり3ヶ月もの時間を、
人より多く手に入れたということです。

 

20代の10年間、1年が15ヶ月もある生活をすれば、
10年間が12年6ヶ月に延びる計算になります。

ちょっとした時間も大事にし、ムダなことをしないようにしていると、
ここまで大きな差ができるのです。

ここに気づくかどうかが最大のポイントです。

 

20代で一生の基盤をつくれる人、つくれない人。
差はここで生まれるのです。

時間のムダをなくす方法はまだまだあります。

 

こうして自由に使える時間を生み出し、
それを最大限で生かしていくと、
20代を終える頃には期待以上の成果を手にするのも
夢ではないとわかっていただけるでしょう。

 

「シャワーをお風呂に替えたところで10分か15分しか違わないよ」
という人は、こうして時間を切り詰めた生活をすることには、
もうひとつ意味があることを知ってほしいです。

 

ムダを見出し捨てていく生活は精神をシャープに鍛えるし、
わずかな時間もムダにしない暮らしは、
ここまで自分を追い込んでいるという自覚を深め、
やる気をいっそう高める効果もあります。

そのうえ、こうした自覚はある種の高揚感につながっていきます。
高揚感はアドレナリンの分泌を促し、
集中力や注意力を向上させます。

 

結果、勉強や仕事がどんどん捗るようになるのです。

 

時間をムダにしないという意思を持った暮らしは、
自分を攻め込み、極限まで引っ張り上げることにつながっていく。
Time is moneyではなく、Time is Lifeなのです。

阿部凌大

 

■■夢を叶えるLINE通信はこちら■■

 

あなたの先輩成功者たち500人以上が愛用する阿部 凌大の
LINE通信の内容とは?

「僕の人生を変えた、お金を稼ぐ力をつけるためのLINE通信です」
(24歳男性)

「これを読んで年収1000万円達成しました!今や年収は2400万円です」
(26歳男性)

『この通信で、育児をしながら月に50万稼ぐことが出来ました!』
(25歳女性)

これらは購読者のお声です。
超有料級の内容をお届けいたしますので、是非ご購読ください!!

 

阿部凌大の夢を叶えるLINE通信はこちらから
http://goo.gl/TM9ra8

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です