成功者は皆早起きである

こんにちは!
阿部凌大です。

久々の更新になります。

 

睡眠について考えるときに、十分に寝ることのほか、
大事なポイントはいくつかあります。

まず早く起きたいのであれば、
起きる時間よりも早く寝ることに注力してください。

 

適切な睡眠時間は人によって違いがあると思いますが、
例えば6時間だとすると、夜12時前には寝て、
毎朝6時に起きるようにしましょう。

 

日付が変わるまで起きて何かするというのはやめた方がいいですね。

 

特に朝から運動したりしなくてもいいので、
毎朝6時に起きて、7時に家を出る。

30分朝活をやって……といったサイクルで、
朝からインプットの時間を持ち、会社ではアウトプットして、

夜は復習したりCAPDで反省·検証するのを繰り返すのがいいと思います。

 

インプットは朝と夜の両方やるのが効果的ですが、
朝の方が集中できます。

そのため、ここを使えるかどうかで
仕事に大きく差が出てきます。

 

もともと早朝というのは電車も空いていて、
動いている人がまだ少ないため、
チャンスが大きい時間帯です。

阿部凌大の知り合いで
年収1億円の保険会社の会社員の方がいますが、
その方は2時間早く会社に行って仕事をしているそうです。

保険の知識というのは皆それほど変わらないため、
2時間前から会社にいて、営業の勉強をして、
お客様へメールを送ったりするのです。

すると朝7時にメールが届いていて、
「君はこんな時間から働いているのか。感心だな」と
非常に良い印象になります。

極端な話、昼の1時2時に送信されたメールより
ずっとレスポンスが良かったりもしますから、
仕事に差をつけられるわけです。

 

これが反対に夜中の1時や2時まで残って仕事のメールを送ると、
「そんな時間にお客様に送るのは失礼だ」となります。
阿部凌大もビジネスパートナーからから注意を受けました。

 

それが、同じ就業時間外でも朝だと、
「頑張っているな」と評価が高まるのです。

 

ちなみに、仕事で差をつける秘訣は、
みんなが全く何もやっていないときに働く、
というのが効果的でしょう。

 

ただ、夜は、明日に向かってコンディションを整えることを重視すべきです。
その分翌朝、1時間でも早く使える方が良い結果につながります。

 

そして、休日に寝だめをするのもやめるべき習慣です。

基本的に人間の体内時計のサイクルは決まっているため、
いつも6時に起きるところを日曜日だからと10時まで寝てしまうと、

月曜日の6時起床のときに疲れて効率が落ちます。

 

そのため、毎日決まった時間にアラームを設定して、
1回設定したら基本的にその時間に起きるようにしましょう。

休日くらいせめてゆっくり寝たいという人は、
1回その時間にアラームで起きて、
軽い昼寝をするのもいいかもしれません。

阿部凌大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です