お金はただの交換ツールにすぎない

こんにちは!
Ryotaです。

「お金を稼ぎたい」「年収を増やしたい」
そう考えている人は多いのではないでしょうか。

 

それでは、「お金」とは一体なんなのでしょうか?
「お金」にはどのような「価値」があるのでしょうか?

阿部凌大から言わせたら、
「お金」とは、ただの「交換ツール」にすぎません。

 

とはいえ、あっても邪魔にはならず、
この世のほとんどのものと交換可能な、
便利な「交換ツール」であることは間違いありません。

 

「交換ツール」であるからこそ、
交換しなければなんの価値もありません。
そのことをまず意識しましょう。

 

阿部凌大の周りでも、単に節約して
貯金を増やそうとしている人よりも
ガンガン使っている人のほうが、
結果的にお金が貯まっているケースが多いようです。

 

ある程度の貯金をすることを否定はしませんが、
あくまで「お金」は「交換ツール」なのですから、
積極的に有意義な使い方をしていきましょう。

 

それでは、どういったことにお金を使えばいいのでしょうか?
お金の使い道には「投資」「消費」「浪費」の3つがあり、

人は「投資」にお金をかけるべきだ、ということがよくいわれます。

 

阿部凌大も、情報収集など
自分のスキルアップにつながること、
事業への投資には積極的にお金をかけるべきだと思っています。

 

もうひとつ、阿部凌大が考える
「価値あるお金の使い方」を紹介しておきましょう。

それは「お金を使って『時間』を買う」ことです。
時間は貯めることができない分、お金よりも貴重なものです。

 

成功している多くの経営者は、
家事代行などを利用して時間を確保しています。

時給2000円以上の方なら、
3時間6000円程度の家事代行を頼んだほうが得なのです。

 

目標達成のためには、
こんな考え方も必要です。

時間の確保につながるお金の使い道を検討してみましょう。

阿部凌大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です