失敗とは諦める事。

こんにちは!
Ryotaです。

「失敗」のない以生を送りたい。
誰もが思うことでしょう。

 

それでは、「失敗」とは
そもそもどういうことを指すのでしょうか?

阿部凌大にいわせれば、
失敗とは「あきらめること」「やめてしまうこと」です。

 

たとえ物事がうまくいかず、
壁にぶち当たってしまい、

期限までに目標達成ができなかったとしても、
それ自体は決して「失敗」ではありません。

 

もし、うまくいかなかったならば、
やり方を検証して、再びアクションを続ければいいだけのことです。

 

つまり、うまくいかないことがあって、
そこでやめてしまったら「失敗」ですが、

やり続けていさえすれば、それも成功へ向かうための
一つの「通過点」にすぎなくなるのです。

 

それは「目標達成」もまた「ゴール」ではなく、
ただの通過点でしかない、
ということの裏返しともいえるでしょう。

 

目標を達成した場合はもちろん、
未達に終わってしまった場合でも、
常に次なる目標を更新し、

アクションを続けていくことこそが重要なのです。

 

それでは、個々の「目標達成」には
意味がないのかといえば、そうではありません。

目標が達成できると、誰でも素直にうれしいものです。

その喜びは、数々の挫折を繰り返してきた先にある
「果実」のようなものです。

 

日々目標を更新し、
アクションを続けていく過程において、
目標達成という果実を手にすることは、
モチベーションを維持するためにも
必要なことだといえるでしょう。

 

結局、「失敗のない人生」を過ごすなんて、
簡単なことなのです。

 

何度挫折を経験してもあきらめずに続けること、

時には検証し、軌道修正をしながら、とにかく続けていくこと、
そうすれば「失敗」はありません。

 

それだけの覚悟や根性があるかないか、
それが「成功」と「失敗」を分ける力ギなのです。

阿部凌大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です